IEF2010レポート  Twist選手


IEF2010 in China.

 

Day.1 “Twist, Let’s Play Some CS” (c)by Barusa

朝6時ころに東京駅でBarusa君と待ち合わせしました。中国への飛行機が19時出発になっていたので、12時間もありました。お昼までにネットカフェーでCSやろうとBarusa君に言われましたので、Starbacks君を誘ってそちらに向かいました。Stabaくん来るまでに、1試合をやって、その後3人で朝ごはんを食べに行きました。僕は夜中ずっとバスに乗って、寝られなくて、Baru君とStaba君は寝不足で皆は低テンションでした。それにも関わらず、飯食いながら、色々話して楽しんでいました。朝飯終って、ネッカフェーへ戻ってまた試合しようと思いましたが、席に着いた5分後に、右に座っていたバル君の方から鼾が聞えました=))(作戦を考えていたかもしれないですw)。30分後に、彼は起きて「腹へったぁ」と言って、カップラーメンを買いに行きました...

午後には、途中でRay君と待ち合わせして成田空港へ向かいました。空港では松井さんとWarCraft3の日本代表のNemukeくんと合流しました。松井さんからZowie様のデバイス選手全員分を頂きました。飛行機に乗って。出発の遅れがあって夜の12時ころに北京へ到着しました。そのままホテルの登録を行い、バスに乗って、ホテルへ深夜の1時にチェックインしました。

 

Day2. “Kokesi-style”

北京発―武漢行きの飛行機が午後15時の予定になっていたので、僕とRay君は余裕で朝ご飯を寝坊して、11時頃に起きました。風呂へ行って軽く準備して昼飯を皆で食いに行きました。その時に、初めて選手全員が集まりました。1年ぶりにEnza君と会って、彼は元気で生きていて良かったw。その日天気も良かったし、僕たちも皆元気で話しました。Starbucks君のコケシ顔について冗談が多かった=)。その後、空港のバスを待っている間、写真撮りながら時間つぶしたりしました。

武漢市で陳さんとIEFのボランティアの人たちが迎えに来てくれました。お互いに挨拶と紹介して、バスに乗りました。去年とかと同じように、IEF関係者やチームマネージャのホテルと選手のホテルが分かれていたので、それぞれのホテルへ行きました。ホテルチェックインと同時に先週登録が行われましたが、チェックインの時に何故か自分だけのホテルルームを準備していなかった。何とか僕もチームのメンバーであることを説明し、シングルルームを頂きました。

その日、まだほかの国の代表はほとんどだれもホテルに来ていなかったので、寂しく飯食って、僕のルームで夜中までに話していました。

 

Day3+Day4:

3日目は、特に何も予定がなかったし、ある理由で(?)日本選手はホテルから出歩きは禁止されまして、暇つぶしで皆にポッカのルールを教えて、2時間くらいやりました。

午後には開会式がありました。IEFは他の大会と違って、韓国と中国の政府が係わって開かれているので、開会式はいつも凄い事になっている。今回も、中国の?有名な歌詞やダンサーが来ていたので面白かったです。

開会式後には抽選がありました。その時、CSとWC3のグループを全部決める予定になっていたのですが、何かの問題でCSだけ決めてホテルへ帰されました。皆さんも知っているように私たちは中国チームのTylooとTyloo.rawと同じグループになりました.

一方では、アジアのTOP3と試合できるから良かったという気持ちもあったが。他方では、グループ突破できる確率が一気に落ちた。寝る前に、皆で明日の試合の打ち合わせをし、元気良く試合できるため早めに寝ました。

試合の詳しい事を他のプレーヤーの方々は書いてくれたので、僕はスキップしますが、自分の感想は負けた理由は色々考えられるし、それがすべて正しいとも言える。ただ単に私たちとの実力差、経験の量の差もあった。ちょっと試合直後には落ち込んでいるメンバーもいましたし、これからモチベーションが大丈夫かなと思いました。負けたことに対して皆それぞれの考えを持っていたように見えました。チームスピリットが感じられませんでした。僕は何よりもその空気をどうにかしたいと思いました。でも、あの時には何ともできることが考えられませんでした。それについて、次の日の夜に色々と皆で話して、チーム内での今まで問題やこれからどうするかなどの問題は多かったので5-6時間もかけてOFFLINEでの初めての反省会?を行いました。その後に、メンバーはルームから出ていたときに「次回、絶対にリベンジする」「がんばるぞ!」のような言葉を聞いて、何よりもうれしかった。

 

最後に、私たちはこの大会に出場できるためにサポートしていただいたZowieさん、陳さん、色々お世話になりました松井さんに、本当にありがとうございました。そして、応援してくださった人たちも、残念な結果で終って申し訳ないですが、君たちのサポートがVae Victisの今後にも大事なことなので、これからもよろしくお願いします。

 

2010年12月1日

 

Alexander ‘Twist’ Kim.

 

広告
コメントする

1件のコメント

  1. 2010 in review « Iefjapan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。