IEF2010 感想Day2 nemuke選手


[IEF2010]IEF感想Day2

色々やっているというか油断している内に年が明けて一月の終わりが近づいてしまいましたが、
忘れずにIEFの感想も更新しておきたいと思います。


二日目の予定は北京ホテルを後にして午後2時の武漢行きの便に乗り、IEFのホテルに宿泊するというもの。

北京のホテルでは10時頃に起きて皆と一緒にホテルで昼食を食べる。ENZAさんとSoniaさんとはここで合流する形になりました。ENZAさんは2009年以来ですが相変わらずで、初対面のSoniaさんは若いと聞いていたら思っていたよりも大人っぽい印象。
昼食では言われるままに炒飯を注文。しかし一人前だと思って1人1人に注文した炒飯の量が明らかに多い。昨晩と同様、どう考えても2~3人で取り分けて食べる量です。全員が2~3人前はある炒飯と格闘するという妙な光景が広がりました。
昼食後は12時にスーツケースを持ってホテルの玄関に集合。ちょうどバスが来るまで時間があったので、この時にZOWIEのデバイスを持って記念写真を撮影してました。


ここからバスで空港に向かって移動するわけですが、道中ちょっと驚いたのはバスから見える一面の景色。夜と同じ道ですが明るいので印象が違う。横に目をやると北京空港近くのホテルだというのに開けた土地がずっと続いています。中国の国土の広さを垣間見ました。

 北京空港に到着してからは特にトラブルもなく、午後2時の飛行機に乗る。フライト時間は約2時間ほど。疲れ気味だったので特に会話することはなく、音楽を聴いてリラックスすることだけ考えてました。


北京空港に移動中の景色

 
午後4時頃に武漢の空港に到着すると、有名人が来る予定でもあったのか、見物人が多く見えました。
空港のロビーに着くとIEFJapanの陳さんと、今大会のサポートを勤めるボランティアスタッフの方々の出迎えがありました。陳さんは2008年からIEF日本代表の派遣に尽力されている方で、自分がお会いするのは2009年のIEF以来で2度目です。
  300人近く動員されていたというボランティアスタッフは地元大学の学生で編成されていて、それぞれホテル係、会場係、選手通訳、選手出迎え等と役割が決まっているのだとか。ボランティアといっても自分の実績になることと、経験を通して勉強になるという意識があってか、皆さん非常に精力的でした。

そのままIEFのバスに乗り、いい機会だったのでボランティアの人に英語の練習も兼ねて色々と話を聞かせてもらってました。話の流れでその時期(10月末)に日本で話題になっていた(尖閣諸島問題を発端とする)反日デモについて及ぶと「あれは貧困層の人間が政府からお金を貰ってやってるだけ、自分達はそんなことはしない」という返事が。こうして日本で話題になっていたことを現地の人に確認できるというのは海外の面白いところ。出発前はどうなることかと心配でしたが一安心です。
バスから見える武漢の街は夜のライトアップが印象的でした。途中には揚子江にかかる巨大な橋を渡る場面も。ちなみに昼間には建設が進んでいる高層マンションなども多く見え、都市開発が進んでいる最中の街はこんな感じなのかな、と想像してました。



夜のライトアップが印象的だった武漢の街並み



およそ1時間ほどかけてIEFのホテルに到着すると、ホテルのボランティアスタッフの方々に出迎えられる。ここで日本代表団専属のスタッフで、期間中通して大変お世話になることになる張さんとも会いました。日本語が上手な方でしたが自分の頭が英語に慣れていたので、いざ日本語を聞いても一瞬なんのことか分からなくて案外コミュニケーションに苦労する。言語というのは不思議なものです。



IEFホテルチェックインの様子

  受付チェックインを済ませた後は荷物を預けに7階の部屋へ。ちなみに日本代表団の部屋は7階で、自分の部屋は2009年の韓国と同じくWarcraft3組ということでENZAさんと同じ部屋。今回の部屋が2009年の韓国で遭遇したダブルベッドでないことにただただ感謝をしながら部屋を後にする。
エレベーターで4階に降りるとスタッフの方々と共にラウンドテーブルで夕食となりました。
ちなみに今回武漢のホテル・会場での食事は朝昼晩すべてIEF持ちでした。これは時期的に日中間の摩擦があったため、外食先でトラブルが起こることを恐れての配慮かもしれません。基本的にどんな海外大会でも選手一人一人に宿泊費のみならず3食も出してもらえるということは無いです。ドイツWCGでも朝食(ほぼジャンクフード)と会場内昼食があるのみでした。そう考えると信じられないぐらい待遇が良かったと思います。
このあたりで大会スケジュールも知らされる。明日は開幕式をやるだけで試合は明後日とのこと。旅の疲れが残っていて、試合までに雰囲気に慣れるか心配だったので少し安心しました。


ホテルの中華料理

 夕食後は各自の部屋に戻って部屋の設備や荷物を確認してから、日本代表団で同じ部屋に集まり、適当にくつろいだり自分の持ってきたデジカメで各人のインタビュー動画を撮るなどする。

1時ごろに切り上げて部屋に戻りましたが、しかし寝られない。2時に布団に入ったのに5時過ぎまで寝られないというのは我ながら驚き。それでも明日の予定は夕方からの開幕式のみで、早起きの必要が無かったのが幸いでした。このような具合で、移動続きでしたが二日目は無事終了。
投稿者 nemuke 時刻: 1:26
ラベル: 

 

広告
過去の投稿へ
次の投稿へ
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。