新年おめでとうございます。


皆さま2012年新年明けましておめでとうございます。

皆さまのご精進お祈りしております。

[IEF2010]レポートリンクまとめ


[IEF2010]レポートリンクまとめ

感想記を書くのに時間をかけすぎたせいでIEFレポートを順に追いにくくなってしまったので、
IEFレポートのBlog内リンクのまとめです。

感想Day1
感想Day2
感想Day3
感想Day4
感想Day5

各選手のレポート、自分の感想記などはIefjapan様にもまとめてられてありますので、そちらもぜひどうぞ。

[IEF2010]IEF感想Day3


[IEF2010]IEF感想Day3

今更すぎて正直ごめんなさい。最後にアップしたのは1月末…。もう忘れられているかもしれませんができる時に書いておこうと思います。

三日目の予定は17時から開幕式に向けた準備があるとのこと。それまでは自由時間ということでゆっくりした1日でした。

さて初めてとなる武漢の朝は、昨日眠れなかったせいで11時過ぎに(もはや朝ではないですが)目を覚ましました。今日が対戦の無い日で何より。日中のホテルの雰囲気を確かめるためにふらついた後、皆と一緒に昼食(4階、昨日の夕食と同じ部屋)に移動しました。

昼食の同じテーブルにはウクライナのWC3プレイヤーSonikが来てました。WC3の、特にヨーロッパ系の(GrubbyやToDを筆頭として)プレイヤーはワイルドな印象があったのですが、Sonikは非常に穏やかで上品な感じの人でした。なんでも自費でここ武漢まで渡ってきたとか。キャッシュバックはあると思いますが全額は難しいのではないでしょうか。比べて私は今回陳さん、松井さん等多くの方々の尽力を背景に日本代表団として参加することができて本当に幸運でした。早くそれに見合う実力もつけなければ。

昼食の様子

SonikとはTwistさんがロシア語ネイティブなので会話が弾んでいる様子です。一方でENZAさんやXrayNさんは英語でのコミュニケーションを図る。張さんも他のスタッフの方々と連絡を取り合っていたので、この席だけで英語・中国語・ロシア語・日本語の計4ヶ国語が飛び交う光景に。日本ではまず見られない貴重な光景でしたが、期間中はこうした光景が次第に普通になっていきます。

昼食後はSonikと一緒にTwistさんの部屋(廊下の一番端。7人の中で唯一の1人部屋)に戻る。しかし17時まで予定がなく、今回は安全を期してホテルからの外出も禁止されていましたのでやることがありません。

さて、適当に窓の外を眺めると隣の建物が何かおかしい。屋上にバラックのような小屋と物干し竿があって洗濯物が干してある。そして更に驚くべきは屋根の上を人が2人、歩いていたこと。一体何をやっていたのでしょうか…。他にはやはり建設中の高層マンションや大通りの車群が目立ちます。あとはやはり排気ガスで空気が濁っている感じでした。

ホテルの窓から見える大通り

テレビをつけてみる。「昨日Sky(中国の英雄的なWC3プレイヤー)が出てたよ!」と誰かが言っていたのですが、やっていたのはサッカー、卓球といったフィジカルスポーツと、電波が悪いのか画面が真っ白になっているドラマぐらい。E-sportsのテレビ放送などは確認できませんでした。

そして流れでTwistさん主導の下でポーカーをプレイすることに。
ちなみにトランプなんですが外出禁止令が出ていたので、日本代表団専属の張さんにわざわざ買ってきていただきました。正直こんなことまでしていただいて申し訳無いです。ポーカーは賭ける物がないとつまらないので、デコピンをかける。結果によって何かあるということでプレイ中の期待が高まります。しかしそんなことはお構いなしに、札がめくれる度に、皆勢いでデコピンの量を上げていく。多い時は30-50回ぐらいのデコピンを降りなかった人にやり続けるという、また妙な光景になりました。

時間が来たので4階の夕食の席へ移動。この時は昨日今日の昼食の場所ではなく、エレベーターを出てから廊下を奥に行った先にある長方形の部屋でした。こちらの席は日本代表+中国ボランティアスタッフという組み合わせで、向こう側にはTEDやInfiのいる中国勢のテーブル、ヨーロッパ勢の集まっているテーブルなどが見えました。ちなみにENZAさんは開幕式で日本の旗手を務めるのでリハーサルのために一足先に会場へ行っています。

折角なのでボランティアスタッフの方々と英語の練習も兼ねて話す。場に出た料理の中で、烏賊などの海鮮物の入った鍋のような煮物のような料理がとても美味しかったので、名前を教えてもらうと「海鮮豆腐」というらしい。XrayNさんが英語堪能だったので、ボランティアになった理由を聞くときに「participateという単語はややこしいから簡単なattendを使うといいよ」といったことを教えてもらいながら会話。やはり語学堪能な人がいるととても心強いです。

「海鮮豆腐」という料理

ちなみにbarusaさんのレポートを読むと「nemuke君が英語を駆使していた」らしいのですが、これは、
「何か話す」→「相手が答える」→「聴き取れないもしくは意味がわからない」→「もう一度聞き返す」→「別の表現や道具を使って教えてもらう」…
という手順を繰り返しているだけでした。こんなもので果たして英語といえるのか不思議ですが、一応コミュニケーションにはなります。「よくわからない言葉を喋る」ことにはやはり不安がありますが、これは「言葉が通じないこと」に慣れているかどうかの問題かもしれません。IEFには「言葉が通じなくて当たり前」という雰囲気があったので大分楽にできました。

夕食の後、選手バスへに乗り込む。「また1時間ぐらい揺られるのかな」と不安でしたが10分程度でした。空港→ホテルへの道と違い、ホテル→会場の道は都会の中を行っている感じで、また夜だったのでライトアップが綺麗でした。少し古い日本映画(1980-90年代等)でライトアップされた東京の街などが象徴的に出てくると思いますが、それと雰囲気が似ているかもしれません。ライトアップや建設中の高層ビルなど活気があり、武漢は都市開発が進んでいる最中の街という印象でした。

選手バス

さてバスから降りて会場へ――と思っていたらなぜかバスの入口から会場までレッドカーペットが敷かれています。しかもレッドカーペットを取り囲む観客の数もものすごい。全員携帯か何かをかざして写真を取りまくっている。正直ここの写真を撮るべきかと思ったものの、さすがに怖かったのでなるべく目立たないように通過。これがサクラだったかどうかはわかりませんが、どちらにしてもすごい規模です。

会場の中は受付を過ぎると体育館のような、ドーム型の会場が広がっていました。中央には大きなステージと、それを囲むように「IEF」の巨大なオブジェクト。背後には一枚のスクリーンがあります。天井には各国の国旗、協賛企業のロゴがずらりと並んでいる。自分達は選手用の席らしい、低いパネルで仕切られている中央のエリアへ移動。席にはサムソンのモニター、メンブレンっぽいキーボード、ロジクール系のようなマウスが並んでいましたが電源が入っていないので使えない。おそらくここがメインのプレイエリアになるだろう、などと考える。

中央のステージにスクリーン、「IEF」の巨大なオブジェクト

開幕式の時間が近づくと照明が落ちてIEFのオブジェクトが青白く光り、煙が上がってジャニーズっぽいダンスグループが登場。背後のスクリーンには稲妻のようなビジュアルが写り、映像がめまぐるしく変化します。続いてマリオ、ナルトなどに扮したコスプレイヤーが登場してダンスを披露。
ダンスが一段落した後で司会の方が挨拶して選手入場を知らせる。この辺は記憶が曖昧ですが、通訳が2人いたので、英語、中国語、韓国語の3ヶ国語に翻訳されていたでしょうか。

ステージの奥から各国の代表選手が登場。中国の代表はSky、韓国の代表はMoon。中国の代表でSkyが出てくるのはある意味当然でしょうか。というのも中国のWC3が活発でなかった時代に、Humanという種族に革命を起こし、かつWCGを2連覇する偉業を成し遂げました。中国では英雄的存在になっているらしいです。
続いてENZAさんが入場。ちなみに時期が時期だったので自分達は「日本国旗が上がった瞬間に暴動でも起きないか」ということを冗談で話してました。

選手入場。11ヶ国の参加が確認できる

宣誓の後、武漢市長らしき人のスピーチが入ります。IEFはE-sportsよりも中国・韓国の都市間の友好イベントという面が強いと思っています。今回はそれほど長くはなかったのですが、2009年の韓国開催では市長を初めとして責任者の方々のスピーチが非常に長かったことをよく覚えています。

次に中国のSkyが選手宣誓し、続いて香港の代表が選手宣誓。宣誓したのはこの2人だけでした。この辺は政治も絡んでいそう。その後は中国らしく雑技団が登場し、中国と韓国の著名な歌手やグループが登場して歌を披露する。ちなみにこの辺でデジカメのバッテリーが切れました。昼間に色々写真を撮りすぎてバッテリーを補充してなかったせいでしょう…。
そうして開幕式は閉幕となり、自分達は抽選会場へと移動開始。

Skyによる選手宣誓

入ってきた道ではなく、会場を横切る形で移動して廊下に出る。抽選式はその中の控え室のような小部屋で行われました。抽選会場にはフリーで使えるパソコンが一台用意されていたのでCSやWC3を軽くやる。ENZAさんがシングルプレイでチートコマンドを活用してコンピューターと対戦してました。シングルプレイで研究するためのチートコマンドも全部覚えているらしいです。

さてCSの組み合せが発表されたのですが、どうももめています。どうやら韓国側の審判がいない時に、中国側の審判だけで抽選してしまった模様。
これが長引いてWC3の組み合わせが決まらないまま、人気の無くなったレッドカーペットを通り、バスに乗ってホテルに帰りました。

翌日はいよいよ対戦日、ということでホテルの部屋ではCSの人達もチーム会議に熱が入ります。自分はWC3なので会話には入れませんが、リラックスして休むようにしていました。

投稿者 nemuke 時刻: 2:31

ラベル: 

您现在的位置: 首页 新闻列表游戏特报 > 超玩特刊:日本9.0级大地震专题页面

超玩特刊:日本9.0级大地震专题页面

来源: 超级玩家 SGamer.COM 编辑: SGamer.COM | 小太阳
Posted: 2011-3-22 21:59:50
日本大地震之2012序曲?

·时间:北京时间2011年3月11日13时46分
·震级:9.0级(日本地震厅)
·震中:日本本州岛仙台港以东130公里处
·伤亡:官方确认3373人死亡6746人失踪
·核电站事故:福岛第一核电站1号、2号、3号反应堆冷却系统失灵,4号反应堆出现火情。
近日微博上有网友称热门动漫形象Hello Kitty创始人清水优子已经被官方证实在地震中死亡,同时,《火影忍者》的作者岸本齐史和《名侦探柯南》的作者青山刚昌则仍然失踪。[更多]
nemuke带你了解日本最新形势
nemuke:我听说在灾区海啸的危害远大于地震,从电视上看到超过十米以上的海啸,把这个街区冲的一干二净。住在遭灾严重的仙台市的朋友说在避难所里生活在没有电,缺少水和食品之中。物流受到了阻碍,物资貌似无法送到避难所去。有报道说福岛核电站爆炸了,爆炸的只是核电站的房子的屋顶,反应堆目前没有什么问题。因为这次的事故时的核电站中隐藏的各种危险都暴露出来,在网上流传着各种各样的流言蜚语。由于是关东地区发电厂遭到了破坏,引起了很严重的电力缺乏的问题。现在开始号召市民节省电,并且在关东地区实施了计划停电的措施,为了省电,轻轨的运力也降低了一半。我所居住的神奈川县,也因为说不定还有大地震发生居民们大量地抢购到现在超市里的大米,矿泉水,还有电池都卖光了。[详情]
视频中多个镜头出现了快速移动的物体,有网友称这个不可解释的现象就是UFO。也有些痴迷漫画的网游惊呼这是奥特曼和超人来拯救日本。
逆境中的日本电竞能否渡过难关?
>>明星助威团

>>日本大地震现场直击<<

GTV.Miss:看了海啸视频,在大自然面前,人类真渺小。希望日本能挺过这关,祝福他们。
TyLoo.Nicker:Everyday news from Japan make me feel sad day by day amount of victims is growing and looks like situation on the atomic power is getting worse.. but all those in Japan should know that the whole world supports them and is willing to help. I hope it wont get any worse and they’ll be able to normalize the situation these days.. dont give up Japan!
海涛:日本地震给我们的启示:1、在灾难面前人人平等,因为你永远不知道到时候在方舟里你的上下铺是哪里人。
2、在灾难面前人人的反应可以不对等,但你没有必要比灾区人民还急,中国人形容这叫皇帝不急急死XX。
3、在灾难面前人人的心思各有不同,我们严厉谴责发灾难财的人,面对这些居心叵测的人,你要么淡然,要么蛋疼。
编辑观点:

此次大地震对日本的破坏程度,是继二战之后最严重的一次,面对灾难我们再次感受到了大自然那磅礴力量,同时也感叹人类的渺小。日本作为一个电子竞技并不发达的国家,却一直有着一群喜爱,并且对电竞默默奉献的人们。而经历过此次大地震后,也让全世界众多喜爱电竞的人们,对日本电竞的未来升起了一丝担忧。不过我们也有理由相信,经历过数次灾难洗礼的日本,一定能够再次度过难关,日本电竞也会被更多的人们所了解,走向世界的舞台。

>>点击进入超玩论坛,把你的祝福带给远在日本的朋友

 

IEF2010:緊張が走る中国・武漢で行われたe-sportsイベントグランドファイナル


IEF2010:緊張が走る中国・武漢で行われたe-sportsイベントグランドファイナル (1/4) – ITmedia Gamez

http://bit.ly/ebvxq5

世界最大のLEDスクリーンでゲームプレーを楽しむ


hwangbin Benny Hwang 

疯狂玩家包下世贸天阶全球最大LED屏玩网游——2010年11月21日晚,在北京世贸天阶“全北京向上看”天幕上,突然出现玩网络游戏的画面。21日20点40分,一名男子驾车来到世贸天阶全亚洲最大的LED大屏幕下,打开笔记本电脑接上无线网络后,躺在事先准备好的一张躺椅上玩起了网络游戏。
Crazy Gamerが北京のショッピングモール世貿天階の世界最大のLEDスクリーンを借り切りネットゲームをプレー
2010年11月21日の夜、北京のショッピングモール世貿天階の世界最大のLEDスクリーン「北京向上看 the Place」に突然ゲームの映像が映りだした。実は当日の午後20時40分、ある男はこの世界最大のLEDスクリーン「北京向上看」の下に事前に用意されたチェアに腰かけ、ノートパソコンを開き、WiFiに繋げゲームを楽しみ始めたのである。
因みに、世界最大のLEDスクリーン「北京向上看 the Place」は長さ250メートル、幅25メートル。
大画面で気持は良さそう。

IEF2010レポート 千嵜 勇和 ゲームネーム ENZA


IEFレポート

千嵜 勇和

ゲームネーム ENZA

自分は今回のIEFは3回目で2回目の武漢になります。

2008年はCounterStrike、2009年はWarCraftIII、今年はまた去年と同じタイトルのWarCraftでの出場になりました。

今回IEF3度目の出場ということでオープニングセレモニーに日本の旗を持って入場しました国際大会ではナショナルフラグを持ってステージ上に立つのは初めてで正直日中関係の今の現状を考えるとステージ上に国旗を持ってあがると言うのはすごく不安でしたが何事もなく安心しました

オープニングセレモニー自体の内容もプレイヤーも楽しめる内容で毎年恒例の韓国、中国の有名な歌手が来ており楽しかったです

試合当日、日本語通訳さんに日本語が伝わらず英語でのやりとりや、OSが中国語のため何が書いているのかわからずセッティングに時間がかかりました、この辺は去年の韓国運営のほうが素晴らしかったように思います。

CounterStrikeにいたってはゲームクライアントが違法コピーだったようでとても残念でした。

グループ予選

WarCraftIIIの自分のグループはMoon、TH000、Sky、Lynという自分以外どのプレイヤーも優勝してもおかしくないスタープレイヤーという死のグループで自分でも誰が抜けるのかまったく予想が出来ないハイレベルなグループでした。

最終的に自分のグループ結果はTH000 4勝0敗 Lyn 3勝1敗 Moon 2勝2敗 Sky1勝3敗でTH000選手とLyn選手が予選突破になりました。

自分は一勝もできず0勝4敗でした。

グループ予選試合内容

vsSky(Human) TS

1試合目ということもあり緊張しておりまさかのAOWCreepの建設ミスという重大なミスをしてしまい、WardenLv1からのハラススタートになりましたSkyはMKを使用Camp前のCreepをしているのを発見し妨害を試みましたがまったく成果を挙げることができませんでした、そのままSky陣営前の6時の金鉱での戦いでLv1Wardenを失いました

そのままExpantionを取られるという状況になり自分はマスハントでの1st金鉱前にTowerラッシュを仕掛けるもミリティア、用兵Creep返されてそのまま投了になりました。

vsMoon(NightElf) TS

今回の試合は1試合目の反省を生かし2nd金鉱Creepからのスタートで経験地の本も出るというすばらしいスタートでしたが相手陣営に移動中操作ミスでMoon選手のDHに1stAttackを許した状態で戦う状態なのにもかかわらずその場所で戦うという状況判断ミスをしてしまいさらにDHを死なせてしまうという致命的なミスをし2AOWからのマスハントオーダーに切り替えタワーラッシュをするも返されて投了。

vsTH000(Human) TR

DHからのスタンダードなオーダーからのスタートでした最初の緑クリープを狩った後に相手陣営でクリーピングをハラスがTH選手の素晴らしいマイクロによりフットマンによるブロックでAMにうまくマナバーンを打てずダメージリソースを多く貰ってしまい回復しようと引いているときTH選手陣営前の金鉱のクリープをほぼ妨害なしで狩られ無傷でExpationを許してしまいましたTier2に入り即Pandaを雇い2ndにダメージを与えましたが自分のHEROのダメージリソースが多くなり大量に泉を失うことになりましたそのままフットマンとAMのプッシュをTier3まで耐え切れずに投了。

vsLyn(Orc) TM

せめて一勝と思いFood40のTier2入ってNagaを雇いAPタワーラッシュというオーダーを決め手の対戦でしたLyn選手は自分陣営の泉建設を遅らせるためにハラスからのスタートでFoodが20のためしばらくハントが作れない状態が続きましがその後何事もなくしのぎあいてLyn選手陣営2時の右下にタワー3つ建てTier2後にNagaを雇いタワーラッシュを決行しましたがLyn選手のすばらしいマイクロで瀕死のBladeMaster、ShadowHunterをうまく逃がされてしまいそれでいてこちらHEROのDH、Nagaまでやられそのまま返されて投了。

終わった感想としてはやはり練習不足からくる自分のミスの多さが目立っていました今大会自分は1年ほど実生活の仕事でWarCraftIIIをまともにプレイできておらず招待も大会2週間前という過酷な状態でしたが参加できて良かったと思います

自分はこのままゲームをやめようと思っていましたが今回の大会出場でまだ挑戦したいという気持ちが芽生えモチベーションを回復させることができました。

IEF2010のWarCraftIIIは去年と同じで1位Infi選手、2位Fly100%選手、3位TH000選手という中国勢3人の123フィニッシュでした。

今年の招待選手、韓国、中国予選を突破したプレイヤー全員とても素晴らしいプレイヤー達なのにも関わらず2年連続同じプレイヤーの123フィニッシュという中国勢のWarCraftIIIの強さ知らしめる大会でした

最終結果

CounterStrike 1位Tyloo(China) 2位Tyloo.raw(China) 3位WeMadeFox(korea)

WarCraftIII 1位Infi(China)  2位Fly100%(China)  3位TH000(China)

StarCraft 1位Bisu(Korea) 2位Stork(Korea) 3位Vulture(China)

WarCraftIII : Dota 1位EHOME(China) 2位Nirvana.cn(China) 3位LGD.sGty(China)

今回招待、サポートしてくださったIEF様、IEF Japan 陳 龍様 、株式会社グルーブシンク 松井 悠様、ZOWIE GEAR様本当にありがとうございました

もし次回のIEFの日本予選や招待されるなどのチャンスがあれば出場し、優勝を目指したいと思います。


IEF2010の28日と29日の進捗


28日は午後から韓国陣は武漢入り、二時から開幕式のリハーサル、五時から歓迎宴会、八時から開幕式、日本代表と日の丸の入場は観客の大学生達から友情の拍手が沸いた、一番大きい拍手はやはり香港チームの時でした。韓国、香港の歌手達の熱演と中国の国立武漢歌舞劇院のダンサー達、中国のストリートダンスグループのすばらしいパーフォマンスに盛大な拍手が送られた。
明朝は選手抽選からスタートする予定です。

IEF2010参加選手速報


IEF2010本周日即将在武汉职业学院体育馆开战,本次比赛共有11个国家,百余名选手参赛,规模之大可想而知。

作为WCG2010以及暴雪嘉年华之后的第一个国际大赛,IEF无疑是本年度下半年最重磅的赛事之一,本次IEF魔兽争霸项目中韩两国顶尖高手倾巢而出,包括Sky、Moon、Infi、Fly、Lyn、ReMinD、TH000等国际知名选手汇聚武汉,加上Nicker、Sonik、VoShiX等欧洲小强以及ToD、Sase两位元老级明星选手,比赛精彩程度可想而知。

IEF2010魔兽争霸3项目选手名单:

PanDa.TH000(IEF2010中国区冠军)
WE.Pepsi.Infi(IEF2010中国区亚军)
WE.pepsi.Sky(IEF2010中国区季军)
RAGE.TeD(IEF2010中国区殿军)
E3.Blast
E3.TuO_Xie
EHome.Fly100%
WeMadeFoX.Lyn(IEF2010韩国区冠军)
WeMadeFoX.Moon(IEF2010韩国区亚军)
EHome.ReMinD(IEF2010韩国区季军)
sRs.Razer.viOlet(IEF2010韩国区殿军)
RoX.KIS.Nicker
Sonik
enza
nemuke
raptor.VoShiX
ToD
SaSe
Dan

本届IEF的CS项目也是高手云集,可以说是集聚了亚洲最强的六只队伍,Tyloo、Tyloo.Raw两只兄弟队伍占据中国CS王者宝座多年,韩国的WemadeFOX、Tnhyper也曾在多项国际大赛上取得过不俗成绩,来自香港特区的Infragzion以及日本的Vae Victis也都是常年活跃于国际比赛上的队伍,丰富的大赛经验也是他们的优势之一。

IEF2010反恐精英项目参赛名单:

Tyloo.Raw
Tyloo
Infragzion
WemadeFOX
Tnhyper
Vae Victis